学術硏究

学術硏究

  • >
  • 学術硏究

2017年 国際フォーラム (10月27日)

페이지 정보

profile_image
작성자 Admin
댓글 0건 조회 2,429회 작성일 18-02-07 10:36

본문

2017 国際フォーラム (台湾, 日本, 韓国)

テーマ:治療及び入退院、リハビリの手順においての精神障害者の参与権拡大と政策提案のための国際フォーラム“

:  2017 10 27

:  漢陽大学校 法学専門大学院 模擬法廷

 

主催

SSK 後見信託研究センター

大学校 医科大学 医学教育学教室

韓国成年後見学会

漢陽大学校 法学研究所

 

後援

韓国研究財団

国立リハビリ院

 

要約

障害は個人の健康異常であるだけでなく、社会的障壁などの環境的要素によって生じるものだという新しい観点が生まれた。フォーラムでは、このような観点の変化にフォーカスを当て、治療と入退院の手順において、精神障害者の選択と好みが反映される方案について意見を交わした。

 

KCGATの参与

 

朴仁煥教授は、第1,2セッションの座長を務めた。 1,2セッションでは精神障害者の経験、そして台湾と日本の、治療とリハビリの過程における精神障害者の権利などについて焦点を当てた。

 

諸哲雄教授は、精神健康福祉法の施行と入院や治療、退院の手順を踏む上で、精神障害者の声がきちんと傾聴されるよう、手順保護制度が導入されなければいけないことを強調。そのための今後の課題について提示した。


회원로그인

회원가입