学術硏究

学術硏究

  • >
  • 学術硏究

2017 国際学術大会 (3月 27日)

페이지 정보

profile_image
작성자 Admin
댓글 0건 조회 2,531회 작성일 18-02-07 10:35

본문

2017 国際学術大会 (韓国ドイツ)


テーマ
: 独の成年後見専門家学術大会

:  2017 3 27()

:  ソウル家庭法院 (ユンソン堂)

 

共同主催及び企画

ソウル家庭法院

韓国成年後見学会

韓国家族法学会

SSK 後見信託研究センター

 

後援

韓国研究財団

法院行政処

社団法人 温律

大韓弁護士協会

 

要約:

韓国とドイツの専門教授と法律家が集まり、各国成年後見制度の立法と運営現況を確認し、国連の障害者権利条約(CRPD)及びその他関連機関との役割について討論。午前セッションではドイツの法定後見と任意後見、韓国の成年後見制度の現況と課題、韓国成年後見制度と韓国家庭法院の役割などをテーマに発表が行われ、午後セッションではドイツの後見制度とドイツ後見法院、ドイツ成年後見庁、ドイツ成年後見社団法人の役割などについて論じた。

 

KCGATの参与

朴仁煥教授は、施行開始から4年を迎える成年後見制度の運営現況をまとめ、制度の発展へ向けた今後の方向性について提示。

 

諸哲雄教授は、総合討論の座長として、後見制度の成功的な導入に向けた法律家の役割をテーマに討論を進行。


 

회원로그인

회원가입